身体遊び

母が定期健診で病院へ行きたい!というので、病院に連れて行ってきました。

しかし、なんで歳をとると病院が好きなんだろ?

べつに痛くなったり、具合が悪く無かったら、わざわざストレスを身体に与えに病院に行かなくても、良いと思うんだけど。

今では検査をするのがビジネスで、それ専門の病院があって、ランチまでつけてくれたりする。なんか、可笑しな感じ😁笑笑

さて、それはさておき

母が先日つまづいたらしく、悪くない方の足の人差し指を骨折したとのこと。

まだ、歩くのも違和感があるらしいんだけど・・

母は何十年も前に、右膝を手術しており。右脚を使わないで生活してきたんだけど、この度良い方の脚も使えない。

仕方なく、使って来なかった右脚に体重を乗せる!と言う事をしなくてはならない。

それで母に歩き長ら

私「悪い方の脚使わないといけないねー」

母 「いつも使わないから、使えって言うんだね」

私 「そうだねー。使わないでいたから強制的に使えっていうんだね。所で右手って何してる」

母 「何もしていない!!」

私 「ふーーーん」

信号待ちで

私「右肩と、左肩、高さ同じ?」

母 「ちがうね」

私 「そうなんだ、高さ同じにしようとしてみて」

私 「どっちをどうした」

母 「左をあげた」

また歩いて、次の信号まち

私 「右肩を下げて、左肩と同じ高さにすると思ってみて」

母 「?? 出来ない!」

私 「思うだけで良いよー」

って、その後、すこし肩甲骨をガイド

また歩いて、次の信号まち

私 「またやってみて!」

母 「こうかなぁー」

信号がかわって歩き出す

歩きながら、母に

「今、右手って何してる」

母 「ふってる」

私 「右手もふってあるけたねー」

左手しかふらないて、ヨタヨタ歩いていた母が

歩きにも少し変化が。

身体っほんとに不思議😊

ほんのすこし意識を、いつもと変えてみただけなのにねー。

凄いなぁーと感じた一コマでした。

ちょっとした事で、もっと体って楽に使えるようになったり、なんか思考までも楽になったりします。

そんなレッスンをやっております。

皆様も是非、体感に遊びにいらしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です